読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝床に聞こえた高い音

今年は一身上の都合により、茶の間を極めていた。もはや茶の間より寝室で過ごしていたから寝床と呼んだほうが適切かもしれない。
そんな寝床のヲタクにも聞こえた、ふぉ〜ゆ〜越岡裕貴の発言を備忘録として残す。


(棚からぼた餅の意味)
「ラッキーだったよ」みたいなやつ。
説明上手かよ。リズムの小気味良さやばい。

(石膏像になりすました4WAT。越岡さんがなぜか骸骨の位置におり)俺だけゲッソリしてるよ!
「骸骨」ではなく印象に重きをおく趣があるツッコミ。

(ラジオで初めてリスナーからこっしーの服装数年前のほうが好きでした、と言われ) ファッションにまで口を?
「ファッションもdisってきた!」「服装の話してねーよ!」普通こういう言葉の順序や始末になると思う。演劇っぽいというか、文学的というか。とにかく無駄がない。

(マツが発言で迷走し、とくに意味もない発言をし続けるのを最後まで聞いた後)何も生まれず、と。
マツをしっかりオトし、かつボケひきずらない。趣のあるシリーズ。
(辰巳がカレーパンマン、マツがバイキンマン、こっしーが食パンマン、福ちゃんがドアラ、という話になった時)ドアラだけおかしいだろ!世界観!浮くから!
プロットから整合性取ってくる越岡裕貴。

僕は異性に対してあまりシャイではないですよ
うるせえ。

(Dragon Ashをドラゴンのアッシュと濁した福ちゃんに)中大兄皇子みたいに言うのやめて。
間に「の」がつく言葉ではじめにきのこの山を連想した自分を恥じた。

オレ免許取立てのころほぼ毎日通ってたスポットがあるんだよね。「福ちゃん家」
越岡ファンにも福田ファンにも嬉しい情報をボケで発信。有益ボケ。

(福「ふぉ〜ゆ〜をご覧のみなさん!DVDでーす!」)D担当しております。
DのDASAOKAさんによる秀逸なかぶせ技。

頭皮キツい
頭皮ヤバイ、頭皮弱い、頭皮ツライよりもはるかに深刻な様子が伺える。素晴らしいワードチョイス

こう連ねてみると、要約していないのに簡潔におさまっているのがわかる。
スパッと区切れない会話スタイルの人が周りに多いなか、無駄な言葉や間をつくらず秀逸な発言をする越岡さん。ほぼほぼdisってばかりだけど発言をきちんと残しているのは実は越岡さんだけで、発言のセンスはピカイチだと思っている。もういっそそのセンス盗んで全てがダサい人にしてしまいたい!ふぉ〜ゆ〜で1番お話が上手なハゲ岡さん、来年もナイス発言楽しみにしているよ。