読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチャガチャお兄ちゃんと近視のおねえちゃん。

お兄ちゃん、ガチャ
第1話放送されましたね。

今まで何度となく、トラジャの他メンバーの「新しいお仕事良かったねー!」をしてきた。(もちろん毎回本当に良かったね、と思っているよ)
それと同時に、仲田さんはきっと「そっち方面じゃない人」なんだろうな、なんて思ってみたり。

ドラマ出演が決まる。

いざ自担のターンになると、良かったねやヤッターよりも先に
「衛星放送出るか出ないかの人が?雑誌出るか出ないかの仲田さんが?」
私が喜んでいいターン?はて…。
と無駄に戸惑った。露出はツチノコレベル、見るなら劇場行けの仲田さんなのだから。

実際に露出が始まってみると、衣装があぁだね、ちょっと映ったね、表情やコメントを見てはテンションを上げる低燃費ヲタク。些細なことではあるけれども、仲田さんの 初めて を目撃する1人になれて嬉しく思う。あらためて、仲田さん、ドラマ出演おめでとうございます。

本題。お兄ちゃん、ガチャ第1話。

おいおいおいおいおーい!!!

役名が「少年A」のわりに、出るな!笑
そして、初セリフ。
まさかの初ソロパート。言葉じゃねぇ。
まさかのテロップつき。もはやセリフじゃねぇ。
まさかのダンスつき。持ちパートかよ。

何を言うんだナツコ。
僕は君だけのお兄ちゃんだよ

一生忘れないフレーズになりそうです。

プレゾンサントラでも声が埋もれているに定評のあった仲田さん。

美声かよ。

初セリフがまさかの歌だったことには腹を捩らせられるだけ捩らせたが、ソロパートが無いJrの1人パートがあるというのはありがたいことこの上ない。そして舞台同様のフリの切れ味。what 's your name?を思い起こさせるその振り付けがツボにハマりすぎ、何回もリピート再生をしたところ、横で寝ていた人が

「ナツコ……」

とうなされていた。きっとこの人の脳みその小さなどこかにこの突飛なフレーズが焼き付けられただろう。可哀想に。南無。

お兄ちゃんズは毎週見せ場がありそうでまずはほっとしている。ナツコちゃん、お兄ちゃんズを置いてお出かけしないでね。

個人的に「お兄ちゃん出」的なファンがお兄ちゃんズの中から増えるとしたら、目黒くんだと思う。彼のことは何も知らない。カラー以外で他のお兄ちゃんズとの見た目の違いがわかりやすそうで、お兄ちゃんズの中で1番イケメン風な風貌な気がする。それだけ。

そしてエンディング。

お兄ちゃんズ、でるのかよ!!

願ってもいないスーパーハッピータイムだが、第1話にして供給過多である。お兄ちゃんズは誰かのバーター…お兄ちゃんズは誰かのバーター…と自ら期待値を下げなければ来週撃沈するのではないかと思うぐらいには供給過多だ。

お兄ちゃん、ガチャ の主題歌、と言っていいのだろうか。中毒性のあるなかなかの名曲だ。個人的には、ダンスの出来るお兄ちゃんの集まりがガッツリ踊っているのもたまらない。だから

頼むから岸くんと宮近がセクボだからとかいう理由でSexyZoneのCDのカップリングとして発売して、少年倶楽部で歌うのは彼らとセクボでした、みたいなのはご遠慮いただきたい。

ちなみにSexyZoneとセクボには何も恨みはない。お兄ちゃん、ガチャで生まれた曲をお兄ちゃんたちが歌う機会をとにかく心待ちにしているだけだ。ゲストお兄ちゃんだけが少年倶楽部で披露、なんて流れは容易だろう。お兄ちゃんズ応援隊としてはそこんとこ必死だ。お願いだからお兄ちゃんズも入れてくれ。

1週間過ぎればまた新しいお兄ちゃん。ダンスが活かされる、歌声を聴ける、仲田拡輝という人のパブリックイメージとそこまでかけ離れていないキャラクターに対して仲田さんがどう向かっているのか。それを毎週目撃できるのはファンとしてとても楽しみがいっぱいだ。

画面越しにみる仲田さんもといお兄ちゃんズを楽しみに、勤労したいと思う。